見る・遊ぶ 買う

加古川にメダカ専門店「めだか屋忠兵衛」 オリジナル品種販売、メダカすくいも

北本店長

北本店長

  •  
  •  

 加古川の海洋文化センター近くに店舗を構えるメダカ専門店「めだか屋忠兵衛」(加古川市別府町)が7月1日、オープンして1か月を迎えた。

久保田哲弥オーナー自慢の三色ラメメダカ

 改良された品種のメダカ約200から300種のうち約30種を扱い、オリジナルの餌や手作りタモの販売、子ども用にメダカすくいも用意する同店。近年のメダカブームも手伝い地元だけでなく、神戸市や大阪府からも多く人が訪れるという。

[広告]

 オーナーで繁殖、品種改良の研究をしている久保田哲弥さんは「初めは趣味で8年程飼育していたが、メダカをもっと知ってもらいたいと思い店をオープンした。水替えなどの世話や管理は大変で、中でも交配させた品種の固定が一番難しく、いいメダカが生まれたときはとてもうれしい」と話す。

 店長の北本寛樹さんは「ペットショップでは数種類しかいないが、他の種類も見せてあげたい。子ども、カップル、年配の夫婦など幅広い年齢層の人が来店して年齢に関係なく楽しめる。簡単に始められ奥が深いので面白い」とし、品種は「幹之(ミユキ)」「楊貴妃」「紅白ラメ」「オロチ」「夜桜」「雲州三色」などのほか、同店オリジナル品種として「紅忠」があるという。「紅忠は紅色が濃いほど値打ちが出る。最近はラメ入りやヒレ長がはやっている。自分の好きな個体を選ぶのも楽しいので、見に来てほしい」と来店を呼び掛ける。

 土曜・日曜のみ営業。営業時間は12時~18時。

  • はてなブックマークに追加