3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く 学ぶ・知る

加古川町木村で町内会の行事・活動の記録映像 上映会開催

上映会に集まった住民スタッフら

上映会に集まった住民スタッフら

  •  
  •  

 町内会の活動を映像で記録し広報に役立てようと、2017(平成29)年夏に制作が始まった動画「木村町内会テレビジョン」の上映会が、3月15日、加古川町木村(芝本眞吾町内会長)の公民館で行われた。

上映会の様子

 動画「木村町内会テレビジョン」は、木村町内会の広報係、河合勝彦さんが「町内会の行事や活動を写真や文章で伝え残すことが難しい。動画映像で記録し、広報としても役立てられたら」と考え、村の老人会や少年団に協力を呼び掛け実施した。

[広告]

 月に1本の撮影テーマを決め、監督、撮影、ナレーション係など、テーマに応じて町内の住民が担当。「町内会研修旅行」「隣保長防災研修会」「グラウンドゴルフ大会」などの模様を撮影した。今年は町内にある泊神社の世話をする当番年だったため、「春祭り神事」から「夏祭り神事」なども記録。秋祭りは、太鼓の練習から神社境内の準備作業、神事、神輿の町内巡行、餅まき、打ち上げまで細かく撮影し記録した。

 上映会には約20人が参加。映像制作に携わったナレーターの担当者が、作品タイトルやエピソードを紹介。2019年4月から12月までに制作された作品から11本を鑑賞した。

 「少年団奉納相撲大会」の映像では、泊神社の土俵で力強く踏ん張る少年のかわいらしい姿に拍手や笑いが起こっていた。「年末特別警戒パトロールと餅つき」の映像では、年の瀬に町内を夜警で見回っている消防団員の姿や餅つきで和む住民らの笑顔が見られた。

 河合さんは「木村の映像制作に関わって良かったという人が多い。一人でも多くの人が参加してもらえればうれしい」と話していた。

Stay at Home