見る・遊ぶ

加古川のデザイナーが「365日ポスター展」 自分の記念日探して

来場を呼び掛ける西嶋さん

来場を呼び掛ける西嶋さん

  •  
  •  

 加古川在住のデザイナー西嶋輝(にしじま あきら)さんの個展「365日ポスター展」が現在 、JR加古川駅構内の「加古川市民ギャラリー」(加古川市加古川町、TEL 079-456-0222)で開催されている。

会場の様子

 「今日は何の日」をテーマに、西嶋さんが2018年1月1日から12月31日まで毎日書いたポスター365点を展示する同展は今年で2回目。早起きの西嶋さんが「朝練」と位置付けるポスター制作は、朝2時間と決めて取り組んでいる習慣という。

[広告]

 展示するポスターは、「城の日(4月6日)」「フライドチキンの日(11月21日)」「バミューダトライアングルの日(12月5日)」などの記念日を基に仕上げたユニークなグラフィックデザインが特徴。加古川のご当地グルメ「かつめしの日(5月29日)」なども並ぶ。期間中、西嶋さんも連日在廊する予定。

 「昨年と比べ、筆ペンやボールペン、蛍光ペンなどを使い、文字やイラストなどの手書きの要素を加えた。自分の中で足りない要素を取り入れた。一人で作ったが、並べてみるとタッチがいろいろあり、一人の作品に見えないことに気付いた。表現が少し広がったのでは」と西嶋さん。

 「昨年の個展開催後、デザイン誌に取り上げられたり加古川でデザインを学ぶ学生と知り合ったりとつながりが広がった。今後も継続していきたい」と意気込む。

 西嶋さんは地域のイベントにも意欲的に出店しており、自作のTシャツやポストカードなどが好評という。「イベントは外に出ることが少ないデザイナーにとって、貴重な出会いの場。デザインのフィードバックも得られるのでクライアントにも還元できる」と話す。

 「加古川の人がデザインに興味を持つきっかけになるよう長く続けたい。誰にも記念日がある。ぜひ自分の記念日を探してほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~18時(24日は17時まで)。入場無料。今月24日まで。

  • はてなブックマークに追加