見る・遊ぶ 学ぶ・知る

加古川でゴスペルチャリティーコンサート 子どもたちの未来照らす支援を

アラベスクホールの前でコンサートをPRする藤田のりえさん

アラベスクホールの前でコンサートをPRする藤田のりえさん

  •  
  •  

 加古川のNPO法人One Heart(ワンハート)が4月13日、ゴスペルチャリティーコンサート「子どもの未来をてらす ふれあいコンサート」を、加古川ウェルネスパーク アラベスクホールで開催する。

以前開催したコンサートの様子

 同法人は、高齢者・障がい者施設の慰問活動や、加古川で子ども食堂などを運営するボランティア団体。コンサートは、同法人の活動に賛同する企業や個人などが協力して開く。出演は、同法人の代表藤田のりえさんが主宰するジョイフル・ゴスペル・ワンのメンバーと、ゴスペルシンガーとしてメディアにも出演する、仙台在住のジャマイカ人ジョン・ルーカスさん。

[広告]

 ジョイフル・ゴスペル・ワンは、「マーチングソング」や「君は愛されるため生まれた」などを合唱する。ジョン・ルーカスさんは「見上げてごらん夜の星を」や「翼をください」などを、得意の日本語で披露するほか、自身の曲「The Gospel」なども歌う。

 会場には、チャリティー活動として、子ども食堂の運営や、東日本大震災で被災した福島の子どもたちが、不安のない加古川で思いっきり遊ぶ「東はりま ゆるわくキャンプ」の支援を目的に募金箱を設置する。会場内のホワイエでは、加古川で子ども食堂を運営している団体や個人がブースを出展し、活動を紹介するパネル展示なども行う。

 藤田さんは「ゴスペルの力で来場者の心を揺さぶることができたらうれしい。このコンサートがきっかけで、身近な子どもや東北の子どもたちに少しでも関心を持ってもらえたら」と笑顔を見せる。

 13時30分開場、14時開演。入場無料(要予約)。

  • はてなブックマークに追加