3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く

加古川に鉄板焼き店「くう」 大阪発祥「ふぉわふぉわ焼き」看板メニューに

店舗外観

店舗外観

  • 0

  •  

 加古川駅前の商店街「ベルデモール」に11月12日、鉄板焼き店「くう 加古川駅前通り店」(加古川市加古川町、TEL 079-456-2330)がオープンした。

焼きあがった生地をもつ外山さん

 大阪の心斎橋が発祥で、ふわふわ食感が特長という「ふぉわふぉわ焼き」が看板メニューの同店。店舗面積は約8坪。店内にはイートインスペースを設け、席数はテーブル席24席。

[広告]

 飲食チェーンで商品開発を担当した後、地元のサイクルショップ勤務を経て11月に独立した店主の外山英行さんは「ふぉわふぉわ焼きは卵を多く使い、プリンのような食感。一枚が大きく、とろけるような食感であっさりと食べられる」と自信を見せる。

 メニューは「ふぉわふぉわ焼き」(480円)、たこ焼き(7個350円)、山芋フライドポテト(390円)、特製唐揚げ(390円)、焼きそば(580円)、生クレープ(390円~)など。外山さんのお薦めメニューという「山芋フライドポテト」は、ヤマイモをだし汁に漬け込んでから揚げるため外はカリッとした食感で、中身はだし汁と山芋のうまみが味わえるという。

 「ふぉわふぉわ焼き」はオープン初日、1日で400枚が売れ、「注目度は高いと感じた」と外山さん。「商店街という立地上、日中は女性客が多いというが、近くには学習塾があり、夕方には唐揚げを買う男子高校生が多い」とも。

 「これから地盤をしっかり固めて、次の店舗展開を考えたい。地元民に愛される店にしたい」と意気込む。

 営業時間は11時~21時。

Stay at Home