見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

加古川で「全国金魚すくい選手権」予選会 参加者募集始まる

予選会参加を呼び掛けるスタッフ

予選会参加を呼び掛けるスタッフ

  •  
  •  

 「加古川ウェルネスパーク」(加古川市東神吉町天下原、TEL 079-433-1100)で7月24日、「第22回全国金魚すくい選手権」予選会が行われる。

昨年の大会の様子

 8月21日に奈良県大和郡山市で開催される全国大会の出場権の予選会となる同大会。同施設では現在、出場者を募集している。申し込み締め切りは6月27日。

[広告]

 全国金魚すくい選手権は1995年、奈良県大和郡山市で「金魚すくい」を競技として初開催したことが始まり。ルールは3分の規定時間内に1枚のポイ(すくい網)でどれだけ多くの金魚をすくえるかを競う。

 同施設スタッフの新井満さんは「毎年多くの人からの応募があり、昨年は大人136人、子ども118人の参加があった。今年もたくさんの人の夏の思い出になればうれしい」と参加を呼び掛ける。

開催時間は11時~14時。参加無料(事前申込制)。

  • はてなブックマークに追加