見る・遊ぶ 学ぶ・知る

エコイベント「かこがわecoフェスタ」 フードカーやサイエンスショーも

ポスターを手に来場を呼び掛ける記村さん(左)、内窪さん

ポスターを手に来場を呼び掛ける記村さん(左)、内窪さん

  •  
  •  

 加古川ウェルネスパーク(加古川市東神吉町、TEL 079-433-1100)で10月19日、「かこがわecoフェスタ2019」が開催される。協力団体による「エコ体験ブース・工作教室」やフードカーによる軽食販売などが並び、お笑いコンビ「ボルトボルズ」によるサイエンスショーが、アラベスクホールで行われる。

昨年のエコイベントの様子

 同パークでエコイベントが行われるのは3回目。昨年、加古川市環境部環境政策課が、「かこがわ環境フェスティバル」として環境学習イベントを開催していたことで、同パークと同政策課が共同でエコイベントとして取り組めないか話しを持ち掛け「かこがわecoフェスタ2019」開催の運びとなった。

[広告]

 協力団体の体験ブースでは、エコ、環境に関するテーマで、オリジナルマイバッグ作り、手回し発電機の体験、省エネ・創エネ・畜エネ相談、犬猫の適正飼育と災害時対応のパネル展示などのブースが同パーク館内に並ぶ。

 アラベスクホールで14時から「笑ってタメになる!サイエンスショー」(全席指定、入場料1人500円)と題して、お笑いコンビ、ボルトボルズが、子ども、家族向けに楽しいトークやサイエンス実験などを披露する。

 同パークの記村佐千恵さんは「午前から午後にかけてのイベントなので、今回初めてフードカーによる軽食販売を取り入れた。家族連れで来てほしい」と話す。同パークの内窪悟さんは「家族で環境を考えるきっかけにしてほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~16時。入場無料。サイエンスショーのみ入場料500円、チケットの電話受け付けは加古川ウェルネスパークまで。

  • はてなブックマークに追加