暮らす・働く

加古川で「かんたんゆるゆる体操」教室 幅広い世代に体験を

  •  
  •  

 フィットネスインストラクターの石松朱美さんと車谷有希絵さんが「ガッツリンかんたんゆるゆる体操」の教室を9月5日から毎週木曜、寺家町ふれあい会館(加古川市加古川町)で開講する。

レッスンの様子

 毎月テーマを変えて運動が苦手な人でも楽しんで取り組める内容の同教室は、ほかにピラティス、エアロビクス教室も展開する。石松さんは「子どもが小さいときにエアロビクス、ピラティスのインストラクターになったが、子どもと一緒に活動できる場所があまりなかった。場所を探し回るなか加古川市の子育てプラザで第1回の講座をすることができた。その時、参加したお母さんたちから続けてやりたいので教室を立ち上げてほしいと言われたのがきっかけ」と話す。

[広告]

 「体を動かしていこうという自分の思いとお母さんたちの思いが重なって『ガッツリンinママンビクス』を立ち上げた。『ガッツ』はタレントのガッツ石松さんから、『リン』は言いやすい響き、『inママンビクス』はお母さん、おばあちゃんも同じ世代でできたらとの思いで名付けた」と話す。

 元々は1人で活動していたが、2010(平成22)年に車谷さんと一緒に活動するようになった。「ヒップホップをしていた時、車谷さんと一緒のダンスチームだったが顔見知り程度だった。第2回目の講座に車谷さんが講座に参加してくれたとき、彼女と一緒にすると直感が走った」と笑顔で話す。

 石松さんは「自分の子どもが小さい時に預ける所がなく、運動ができなかった。今、子育て中のお母さんができるようにと信念を持ち今後活動していきたい」と意気込む。車谷さんは「まずは自分に合った時間、スタイルなどからエクササイズを選んで体験してもらいたい」と参加を呼び掛ける。

 8月29日にかんたんゆるゆる体操とピラティスの体験会を加古川市立加古川公民館(同市加古川町)で開催する。

  • はてなブックマークに追加