見る・遊ぶ

加古川のカフェでハンドメード雑貨イベント 「十色マルシェ」

HASHの石坂純子さん(中央)とスタッフの皆さん

HASHの石坂純子さん(中央)とスタッフの皆さん

  •  
  •  

 加古川のカフェ「カフェ・ド・秀」(加古川市加古川町、TEL 079-425-9038)で11月1日、ハンドメード雑貨の販売イベント「十色(といろ)マルシェ」が開催される。主催は4人のハンドメード作家でつくる団体「HASH(ハッシュ)」。

「第1回十色マルシェ」の様子

 今回で3回目となる同イベント。「HASH」は4人のメンバーそれぞれの名前の頭文字を取って命名した。3年前に、地域の子ども会の役員を同じ時期にしたのがきっかけで交流が深まり、ハンドメードが得意な4人が、任期終了後の4月に立ち上げた。

[広告]

 メンバーの一人、石坂純子さんは「『十色マルシェ』というイベント名は、十人十色という言葉のように、ジャンルもさまざまなハンドメード作家さんと一緒に、個性あふれるすてきな作品を届けるイベントができたらと思いを込めた」と話す。

 「ハンドメードのイベントは、集客の関係で土日祝日に開催されることが多い。出店者の中には子育て中のママが多く、土日祝日には学校行事があり出店するのが難しいので、自分たちで平日に出店できるイベントを作ってしまおうと思った。平日開催することで出店者も来場者と一緒にイベントを楽しむことができる」と石坂さんは笑顔で語る。

 当日は、パーツから手作りしたハンドメードアクセサリーや木工雑貨、リースやスワッグなどのボタニカル雑貨、猫雑貨、羊毛フェルト雑貨、布小物、コサージュなどの販売のほか、ハンドマッサージや個性診断、スクラップブッキングのワークショップ、焼きたてクレープとコーヒーのフードカーなど7ブースが出店する。

 今回新たな試みとして、来場者が出店ブースを回り、各ブースで用意したスタンプ3個を集めると、出店作家のハンドメード雑貨を先着20人にプレゼントするスタンプラリーを開催する。

 石坂さんは「ハンドメード雑貨だから若い人ばかり集まるのではと思わず、いろいろな年齢層の方にたくさん来てほしい。タイトルの『十色』という意味にあるようにハンドメード作家によってさまざまなジャンルの作品があるので楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~15時。当日カフェの営業は休み。

  • はてなブックマークに追加