食べる

加古川ヤマトヤシキでビアガーデン 縁日の屋台イメージ、市内4店出店も

オープン初日の様子

オープン初日の様子

  •  
  •  

 JR加古川駅南にある「加古川ヤマトヤシキ」で5月24日にビアガーデンがオープンし、初日から仕事終わりの会社員らが夏の風物詩を味わおうと詰め掛けた。

ビアガーデンは縁日をイメージ

 ビアガーデンには350席が用意され、祭りの縁日をイメージ。50種類の料理を提供し、今年は市内の飲食4店舗からイベリコ豚のロース、唐揚げ、焼き肉など専門店の味を楽しめる。鉄板焼き、焼きそば、おでん、うどん、ポップコーンなども用意する。ドリンクはビールのほか、好みに合わせて作ることができるカクテルやハイボール、梅酒、ワインなどが並ぶ。

[広告]

 毎週火曜はレディスデーとして500円引き、日曜はファミリーデーとして子ども料金が300円引き。8月までの第4日曜はイベントデーを設ける。昨年はコスプレイベントが企画され、好評だったことから今年も開催が予定されている。

 加古川ヤマトヤシキビアガーデン総支配人の西川謙一さんは「とり一、牛膳、膳家、宴屋一代の自慢の料理をご提供する」と意気込む。

 営業時間は18時~21時。雨天、悪天候時休み(当日13時に判断)。

  • はてなブックマークに追加