食べる

加古川に「鶏焼酒場 だいげん」 「大人が元気になれる場所」コンセプトに

下原さん(後列左)、越智さん(同右)と店舗スタッフ

下原さん(後列左)、越智さん(同右)と店舗スタッフ

  •  
  •  

 JR東加古川駅南に3月12日、「鶏焼酒場 だいげん」(加古川市平岡町、TEL 050-3467-8683)がオープンした。

店のお薦めメニュー「大元焼き」と「レモンサワー」

 東加古川を中心に飲食店を展開するSOOI(ソーイ)が居酒屋として初出店した同店。店舗面積は約20坪。席数はテーブル席34席、カウンター席12席の計46席を用意する。

[広告]

 社長の越智寛佳さんは「コンセプトは『大人が元気になれる場所』。店名の由来にもなっている。焼き鳥は串を使わず鉄板で出すなど、低価格で提供する方法にもこだわった」と自信を見せる。

 同店のお薦めメニューは、トウバンジャンをベースに玉ネギ、ニンニクを加えた甘辛のみそダレで食べる鶏のもも肉料理「大元焼き」(大980円、小580円)。みそダレは越智社長が店長の下原勝さんと一緒に考えたという。「お薦めドリンクはレモンサワー」とも。1杯目は、「なか」と呼ぶ焼酎(250円)、「そと」と呼ぶ強炭酸ソーダ(100円)、「はん」と呼ぶレモン半カット(100円)をセットで提供する。越智さんは「お代わりは必要に応じて別々に注文できるシステムになっている。『なか』1杯に対して、『そと』は約3杯分、『はん』は約2杯分とお得になっている」と話す。

 「楽しく飲んでいただくのが一番。楽しいお酒を飲みに来ていただければ」とも。下原さんは「元気を出してもらえるように毎日大きな声でお迎えしている」と笑顔を見せる。

 営業時間は17時~24時。4月は日曜定休、5月から第3日曜定休。

  • はてなブックマークに追加