食べる

加古川の地ビール専門店が地ビール醸造開始

店内の様子

店内の様子

  •  
  •  

加古川の地ビール専門店「マイルストーンブルーイング東加古川醸造所」(加古川市平岡町、TEL 079-425-8899)が4月2日、店内で醸造した地ビールの販売を始めた。

ビール工場の様子

昨年7月にオープンした同店は、北海道、東京都、長野県、山梨県、兵庫県、岡山県などのビール醸造所から店主の大西誠さんがセレクトして仕入れた生だるの地ビールを提供。併せて、「ポテトサラダ」「但馬どりの唐揚げ」(626円)、「各種ピザ」(864円)など、大西さんが「ビールと合う」と思う料理をそろえている。地ビールは飲みたい量に合わせてLサイズ(972円~)、Mサイズ(756円~)、Sサイズ(540円~)などグラスのサイズを選べる。LサイズはUSパイントの1パイント(473ミリリットル)と同等の量で提供する。

[広告]

オープン時から醸造所の開設準備を進めてきた大西さんは「3月10日に初仕込みを行い、発酵、熟成など約3週間の工程を経て、セッションIPA(インディアペールエール)というアルコール度数4.8%の明るい黄金色のビールができた」と話す。製造した地ビールは「MSB GENTLE WIND」という商品名で販売する。

大西さんは「加古川発信の地ビールに興味を持ってもらいたい。店では仲間同士が集い、飲食をしながら楽しく語り合える場にしてほしい」と来店を呼び掛ける。

営業時間は17時~23時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加