食べる

加古川にカフェ「チャーム」 丹波産食材にこだわり、ランチメニューも

店主の芦田全孝さん

店主の芦田全孝さん

  •  

加古川の鶴林寺近くに9月20日、「Cafe Charm(カフェチャーム)」(加古川市加古川町、TEL 079-427-5004)がオープンした。

ランチメニューのチャームランチ

 店名の「チャーム」は、「お守り」や「魅力」を意味する同店。約17坪の店内にカウンター席12席、予約制の個室10席を用意する。

[広告]

 店主の芦田全孝(あしだまさたか)さんは「できるだけ自然な状態に近い食材を使いたい」と話す。丹波産の米、野菜、丹波ポークと播磨百日鶏をメインにした3種のメニューの中から2種を選べる「チャームランチ」(1280円)と、ダイエットに良いとされる桑の葉茶を提供している。木曜から土曜の18時~21時には、こだわりの日本酒、ワイン、焼酎、ビールなど酒の提供と丹波産ポークを使った酒に合う一品料理を提供している。

 ホテルのフランス料理店のコックやレストランで料理長を務めた経験を持つ芦田さんは「お客さまが幸せな気分になって、来てよかったと思ってもらえるよう料理を作りたい。事前に連絡をいただけると個室で予算に応じた会食にも対応する。普段は一人で切り盛りしているので、来店の際は予約の電話を入れてもらえるとうれしい」と呼び掛ける。

 営業時間は11時30分~18時(木曜・金曜・土曜は21時)。日曜定休。