食べる 暮らす・働く

加古川に居酒屋「かたりば竜」 店主「お客さんと近い距離で」

店主の山本さん(左)と千原さん(右)

店主の山本さん(左)と千原さん(右)

  •  

 加古川市に7月2日、居酒屋「かたりば竜」(加古川市平岡町、TEL 079-490-5275)がオープンした。

メニューの「燻製」

 テーブル席10席、座敷14席を用意する同店。以前から居酒屋に勤めていたという店主の山本竜史さんは「独立したことによって、前々から『こうしたい』と思っていたことができる。『居酒屋とはこういうもの』という考えからは、少しはずした店作りやメニュー作りをしたい」と話す。

[広告]

 メニューは「ムール貝とアスパラのパスタ」(650円)、「エビとトリのトルティーヤ」(700円)、焼き鳥(各400円~)、刺し身(各700円~)、馬刺し(900円~)など。薫製は、うずら(400円)、サーモン(550円)、手羽(600円)を用意し、注文を受けてから15分程度で薫製にするという。ドリンクは「生ビール」(450円)、「レモンチューハイ」(380円)、「カクテル」(各450円)など。

 店舗の内装は山本さんの趣味の仲間が集まってデザインしたという。「2カ月くらいかかったが、最後は思っていたようになった」と山本さん。「店名のように来店客がゆっくり話せる店にしたい。自分はお酒が飲めないので、ノンアルコールも充実している。同じように飲めない方でも来店してもらいたい」と話す。

 山本さんは「みんなが自分の店と思ってくれるように、お客さんとは近い距離間でやりたい。『また来てくれてありがとう』と言い合うことで、一歩近づけると思う。気軽に幅広い人に来店してもらいたい」と話す。

  営業時間は17時30分~翌1時。