天気予報

31

23

みん経トピックス

加古川に石窯ピザ店加古川のライブ企画6周年

加古川の日岡神社で講演イベント 「木育」をテーマに

加古川の日岡神社で講演イベント 「木育」をテーマに

講演会をPRする安村さん

写真を拡大 地図を拡大

 加古川の日岡神社(加古川市加古川町、079-422-7646)で7月8日、講演イベント「第26回いいところでいい話」が開催される。主催は、もりの木ネットワーク。

二宮金次郎の姿で授業を行う安村さん

 「もりの木ネットワーク」は兵庫県産の木材を使用する工務店などからなる協同組合。木の文化への理解を深める社会活動「木育」に取り組み、地元の小中学校へ「木育講座」や「木工教室」などの出前事業を行う。

 同イベントでは「木づかい運動から木育へ~役立ち・喜びを与えられる生き方~」をテーマに、同組合相談役の安村義光さんが講演を行う。

 安村さんは「兵庫県でも戦後に植林した杉などが植え替えの時期を迎えていて、放置すると山崩れや洪水の原因になる。植林から利用までのサイクルで森林が維持されている。環境を守る為にも次世代に山の役割や木の良さ、使い方を伝えていきたい」と話す。

 出前授業の際には二宮金次郎の姿になり、自身でも「目立ちたがり屋」と話す安村さんは島根県出身。大工修業のために神戸に移り、その後加古川で建築業「やすむら」を起業した経緯をもつ。

 安村さんは「地域が良くならないと仕事もいただけない。こんな考えをする人が増えれば地域はもっと良くなるのでは。講演では自分のことも振り返って話をしたい」と話す。

 時間は14時~16時。参加費は無料。問い合わせは、日岡神社社務所(TEL 079-422-7646)まで。

グローバルフォトニュース