買う 暮らす・働く 学ぶ・知る

加古川にリユースチェーン「セカンドストリート」新店 店長「地域密着」店作り目指す

店長の永嶋さんとスタッフの皆さん

店長の永嶋さんとスタッフの皆さん

  •  
  •  

 加古川に5月14日、衣料・家電などのリユースショップ「セカンドストリート加古川土山店」(加古川市平岡町土山)がグランドオープンする。

グランドオープンする店の外観

 店舗面積は約220坪。店内は白を基調とした明るい雰囲気を演出する。

[広告]

 「まだ使えるから捨てるにはもったいない」という意識の広がりや、新品にはない価値を中古品に見いだす価値観の広がりを受け、同チェーンは現在、全国に500店舗以上展開している。

 取扱商品は、販売・買い取りともに、衣料・服飾品、家電製品、楽器、家具、スポーツ・アウトドア商品、貴金属・金券など。

 同店店長の永嶋康太さんは「商品をただ陳列しているだけのお店ではなく、季節に応じ常に売り場を変化させるショップを目指したい。広い店舗なので大変だが、その分やりがいを感じる」と語る。

 オープンに先駆けて行ってきた先行買い取り期間には、幅広い年代の客が訪れたという。永嶋さんは「若い方だけでなく70代くらいの方が徒歩で来店されることもありとてもうれしい。グランドオープン後、地域に密着した店舗作りを心がけていきたい」と意気込む。

 営業時間は10時~22時。

  • はてなブックマークに追加