3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

加古川に肉にこだわるラーメン店 「元気で明るい町に」と願いをこめて

代表オーナーの久保秀樹さん(中央)、統括マネジャーの櫻田卓哉さん(右)、スタッフの勇人さん(左)

代表オーナーの久保秀樹さん(中央)、統括マネジャーの櫻田卓哉さん(右)、スタッフの勇人さん(左)

  • 76

  •  

 「肉しゃぶ麺達 志方店」(加古川市志方町志方町、TEL 079-452-1529)が8月1日、オープンした。敷地面積は約30坪、席数はカウンターとテーブル合わせて21席。

店の外観

 市内で「肉」をテーマに飲食店を展開するマザーフーズカンパニーの3店舗目となる。志方町には加古川食肉センターがあり、県内外から新鮮で良質な食肉が豊富にそろうため「肉」にこだわるメニューが並ぶ。

[広告]

 看板メニューの「肉しゃぶそば」(800円)は豚バラ肉を牛骨・背油が入った特製だしに「しゃぶしゃぶ感覚」でくぐらせ、こしのある細麺にのせ、一晩寝かせた特製だしを注ぎ提供する。名物「肉飯」(400円)は、じっくり煮込んで味をしみ込ませた志方牛をふんだんに使い、ご飯と一緒に炊き込むことで、肉のうま味をご飯に染み込ませたメニューで、評判になっているという。

 そのほかに「熟成黒毛和牛ステーキそば」(2,200円)、「牛すじそば」(850円)、「二大名物セット」(1,000円)、「志方名物牛すじセット」(1,050円)、「肉しゃぶ油そば」(750円)、「牛すじ油そば」(800円)、「肉飯大盛」(500円)、「焼き餃子」(350円)、「唐揚げ」(500円)、「油淋鶏」(450円)や、テークアウトメニュー「おうちで肉しゃぶそば具材セット」「日替り弁当」(以上550円)なども提供する。

 代表オーナーの久保秀樹さんは「毎日でも食べていただけるよう、コクのあるあっさり味にこだわり、いままでにない新しい味を目指し試行錯誤した」と話す。

 営業時間は11時~18時30分(9月からは11時~15時、17時~20時30分)。

Stay at Home