食べる

加古川に居酒屋「いろえんぴつ」 店主、趣味の釣りが高じて出店

店主の中村さん

店主の中村さん

  •  
  •  

 居酒屋「いろえんぴつ」(加古川市平岡町、TEL 079-427-0189)が8月1日、加古川にオープンした。

店舗外観

 店内には、カウンター13席、6人掛けテーブル4席、座敷6人掛けテーブル3席を用意する。地元の釣りクラブに所属するという店主の中村千鶴さんは「自分で釣った魚をお客さんに食べてもらい喜んでほしいという気持ちが強くなったことが居酒屋の開店につながった」と話す。

[広告]

 中村さんは、看護師として地元の病院に勤務した後、心機一転、東加古川でスナック「いろえんぴつ」を開店。32年間続く同店の常連客から釣りに誘われたことがきっかけで、今では、地元の釣りクラブに加入し、沖縄や新潟など遠方にも出掛けて大物を狙うという。

 料理は釣りクラブの仲間が提供してくれる新鮮な魚も使い、中華料理と日本料理の経験があるスタッフがそれぞれ料理を担当する。

 メニューは「明石たこのから揚げ」、「磯辺揚げ」(以上600円)、「明石焼き風だし巻き」(800円)、「チャンジャ巻き」(580円)や、「鮎塩焼き」(700円)、「さんま塩焼き」(500円)、手羽先(480円)、鳥皮パリパリ焼き(500円)など。

 ドリンクは、ビール中(500円)、酎ハイ(450円)、梅酒(400円~)、グラスワイン(赤白各500円)、ハイボール(450円)、日本酒(500円~)など。

 中村さんは「いろえんぴつは、いろんな人に来店してもらい、四季を感じていただける料理を通して、お客さま同士が仲よくなれるお店を目指していきたい。気軽に来店してほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は17時~23時。 

  • はてなブックマークに追加