見る・遊ぶ 学ぶ・知る

加古川で「こども放送局」 発声練習やアナウンス講座など、地元ラジオ局で生放送も

PRする竹内さん

PRする竹内さん

  •  
  •  

 「こども放送局 in ニッケパークタウン」が8月24日、加古川の商業施設「ニッケパークタウン」(加古川市加古川町)1階センタープラザで開催される。主催は「NPO法人高砂キッズ・スペース」(TEL 079-441-9289)。

昨年の様子

 イベント当日は会場で参加する子どもを募集。開催時間の11時からは発声練習やアナウンス講座を実施。13時からは地元コミュニティーラジオ「BAN-BANラジオ」で約1時間の生放送を行う。放送では事前に準備したニュース原稿を読むほか、店の紹介やインタビューを予定する。同じ内容で施設の館内放送も行う。

[広告]

 竹内さんは「今回はどんな子どもが参加するか分からないので、楽しみにしている。参加するのは子どもだけなので、子どもの素の様子が分かる。今までの経験では小学生は本番に強い」と話す。

 同イベントはBAN-BANラジオ開局10周年をきっかけに始まり、今年で4年目。同施設での開催と、当日の参加者の募集は今回が初めてとなる。

 高砂キッズ・スペースの竹内茂雄さんは「ラジオ放送に自分が参加できる機会は少ないのでぜひ参加してほしい。ラジオは災害が起きたときの情報源になる。子どものうちからラジオに親しんでもらえれば」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は11時~。参加無料。

  • はてなブックマークに追加