見る・遊ぶ

JR加古川駅で鉄道イベント 「駅員とのふれ合いも楽しんで」

イベントをPRする藤井恭平さん(左)と弘彩乃さん(右)

イベントをPRする藤井恭平さん(左)と弘彩乃さん(右)

  •  

JR加古川駅構内で11月23日、鉄道イベント「加古川駅ふれあいデー」が開催される。主催はJR加古川駅とBAN-BANネットワークス。

昨年のイベントの様子

同イベントは鉄道に興味を持ってもらい、駅員とのふれ合いを通して加古川駅に親しみを持ってもらおうと毎年開催され、今回で10回目となる。

[広告]

当日は同駅構内のスペースに特設ステージや体験ブースを特設。JR加古川駅副駅長の根岸章好さんは「普段から多くの方に加古川駅を利用していただいているが、駅員とお客さまに距離を感じていた。イベントをきっかけに鉄道の仕事にも興味を持ってもらえれば」と話す。

イベントでは鉄道模型「Nゲージ」の操作体験やペットボトルを使った工作、列車をモチーフにした輪投げなどを開催。踏切に設置されている非常ボタンも展示し、ボタンを押す体験もできるという。根岸さんは「非常ボタンはいざというときにはお客さまに押してもらわないといけない。体験してもらってどういうものか知ってもらえれば」と話す。ステージでは写真を見ながら鉄道の仕事を紹介するコーナーや鉄道クイズ大会も実施。クイズ大会では正解者にJRグッズをプレゼントするという。今年初めての企画として、抽選で1組が加古川線の電車の出発式に参加することもできる。同駅の藤井恭平さんは「イベントを通じてお客さまと少しでも近づけたらうれしい。お子さまに喜んでもらえる企画盛りだくさんなので、ぜひお越しいただければ」と来場を呼び掛ける。

開催時間は13時30分~15時30分。参加無料。問い合わせはBAN-BANネットワークス(TEL 079-421-3736)まで。