食べる

加古川に食堂・総菜販売店 リーズナブルな価格とスピーディーな料理提供売りに

自慢の総菜をPRするスタッフの齋彰子さん

自慢の総菜をPRするスタッフの齋彰子さん

  •  

 加古川の食堂兼総菜販売店「ごはんや平荘の里」(加古川市平荘町)がオープンして1カ月が経った。

店舗外観

 食堂と総菜販売を行う同店。店舗面積は約75坪。席数は、4人掛けテーブル7卓、カウンター10席の計38席。店主の齋修司さんは「地域に根ざしたふるさとをイメージさせるお店にしたい」と話す。

[広告]

 イートインスペースで提供する「ハイカラうどん」(240円)や「おでん」(80円~100円)は、昆布とカツオからだしをとった自慢のメニューという。このほか、「かつ丼」(580円)、「牛丼」(450円)、「鯖煮付け定食」(540円)、「カツとじうどん定食」(600円)なども用意する。

 齋さんは「リーズナブルな価格でボリュームのある料理にこだわった。徐々に常連さんもつき、地域で認知されてきている」と話す。

 「北にある工業地帯からの交通も多く、労働者向けにスピーディーに料理を提供することも心掛けている。駐車場には、大型トラックが停められるスペースも確保した」とも。

 「今後も季節感を出し、何回来ても飽きない店にしたい。イベントシーズンに向けて、弁当やオードブルの注文も受け付ける」と話す。

 営業時間は6時~21時。