見る・遊ぶ

加古川でカイロプラクティック 白衣着ずアットホームな雰囲気で

人体模型と院長の工藤さん

人体模型と院長の工藤さん

  •  
  •  

 加古川に11月15日、「くどうカイロプラクティック」(加古川市別府町、TEL 079-459-7999)がオープンした。

院内の様子

 院長の工藤さんは関東や大阪での整骨院勤務の経験を生かし、実家がある加古川で同院を開いた。

[広告]

 同院の面積は7.5坪で、施術ベッドは1台。観葉植物や間接照明を置き、落ち着く雰囲気の内装に仕上げた。

 「施術は背骨を揺らして体の不調を整える『DRT(ゆらゆらゆりかご整体)』というテクニックで行う。背骨のゆがみを整え、人間の自然治癒能力を高めることで、体調不良を根本から改善したい。カイロプラクティックは『ボキボキ』と体を鳴らす怖いものとイメージを持つ人も多いが、それを払拭(ふっしょく)したい」と工藤さん。普段の生活でも長く良い状態を保てるよう、施術とともに姿勢アドバイスを行うという。

 「リラックスした状態で効果を感じてほしいので、白衣は着ずにアットホームな雰囲気づくりをしている。個人的に好きな音楽ジャンルはヘビーメタルだが、BGMは癒やし系のものを流している」と笑顔を見せる。

 「皆さんが健康になって、人生を楽しむお手伝いがしたい。体の痛みが取れると心も前向きになり、いろいろなことに挑戦できるようになる。施術自体は5~7分と短時間なので、子ども連れの来院も可能。今後は、地域に密着して健康づくりのお手伝いをしていきたい」と意気込む。

 診察時間は、月曜~水曜・金曜=10時~19時、木曜・土曜・日曜=7時~13時。祝日定休。初見料は2,000円、施術料は5,000円。

  • はてなブックマークに追加