天気予報

21

12

みん経トピックス

加古川でスタンプラリー加古川出身の日本画展

加古川でおにぎりと音楽のコラボイベント 新米おにぎり食べ放題企画も

加古川でおにぎりと音楽のコラボイベント 新米おにぎり食べ放題企画も

(左から)企画者の喜多さんと、森田さん、岩本さん

写真を拡大 地図を拡大

 加古川の飲食店「和Dining MOSH」で11月19日、おにぎりと音楽のコラボイベント「A LA CARTE vol.4 meets 神喜舞(かんきまい)収穫祭」が開催される。

「MOSH」店内でイベントをPRするメンバー

 昨年に次ぎ2回目となる同イベント。当日は「新米収穫パーティ-」として、DJがBGMを担当するほか、加古川神吉町で採れた有機無農薬栽培のコメ「神喜舞」の新米を使ったおにぎりを食べ放題で振舞う。

 同イベントを企画した喜多亮太さんは「神喜舞」生産者。「加古川市神吉町と自分の名字から一字とって『神喜』。神さまが喜んで舞うようなお米を作れたらとの思いから『神喜舞』と名付けた。地元で作ったお米を食べてもらえたら」と話す。

 会場では喜多さんがカウンターに立ち、客の前でおにぎりを握る。「炊き立てをシンプルな方法で食べてほしいと思い、ライブスタイルにこだわった」と話す。

 運営スタッフの岩本卓也さんは「音楽をメインにフードを出すイベントはよくあるが、フードを軸にしたイベントは地元では少ない。加古川に安全な米があると知ってもらう機会になれば。食に対してこだわりを持っている人たちと、生産者が交わる機会になれば面白い」と話す。

 店主の森田和彦さんは「前回がすごくいい雰囲気だった。参加したお客さんからは『そろそろ新米の季節なので今年も楽しみにしている』との声が寄せられている」と話す。

 「来場客がおにぎりを片手にDJの音楽に乗ったり、『おにぎりの究極の具は何か』という話で盛り上がったりしている光景は、普通の音楽イベントにはない面白い光景」とも。

 喜多さんは「前回のイベントに参加した人が農業に興味を持って、その後手伝ってくれるなどつながりも生まれた。今回も参加する人も、それぞれ何かのきっかけになれば。当日はおなかを空かせて来てほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は19時~深夜(神喜舞おにぎり食べ放題は19時~24時)。参加費は2,500円(別途1ドリンク代)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング