見る・遊ぶ

加古川で「イノチ崖マサル」単独ライブ 「いろいろな人との出会い」に思いを込め

ライブの様子

ライブの様子

  •  
  •  

 加古川のコミュニティースペース「びぃぷらす加古川」(加古川市加古川町、TEL 079-426-1442)で12月15日、「イノチ崖マサル」こと住元勝さんによる音楽の単独ライブ「十二年イノチ崖」が開催される。

PRする住元勝さん

 これまで活動してきて初の単独ライブ。昨年10月から毎月1回、「びぃぷらす加古川」で「のら馬たち」のユニット名でライブを開催してきた。活動開始12年目にちなみ、年間120回のライブを目標に活動しているという。

[広告]

 アーティスト名「イノチ崖マサル」の由来は、「子どもが生まれてよちよちしている時に『かっこいいおやじ』になりたいと思い、せっかくやるなら命がけでしよう」と付けたという。

 住元さんは、28歳の頃に仕事で行っていた取引先の工場で練習をしていたバンドがボーカルを募集しているのを知り音楽活動を始めた。「始めた頃は、自分のために曲を作って歌っていたが、10年前に出会った人たちがきっかけで人のためにというのを意識して曲を作るようになった。誰かのために歌うことができ自分の曲を認めてくれる人がいると思うと楽しくなる」と話す。

 住元さんは「初めての単独ライブなのでどれだけの人が来てくれるかで今後の活動が決まる。趣味でやるのか何か起こしたいと思ってやるのかでは全然違う。今年は何か起こしたいと思い活動してきた。いろいろな縁があり助けられてやってきた。一つずつ肩書を増やしていけば『イノチ崖マサル』という名前がもっと広がっていくのではと思っている。自分の作った曲やカバー曲などを歌うがみんなを巻き込んで一緒に歌い楽しみたい。いろいろな企画も考えているので楽しんでもらえたら」と意気込む。

 開演時間は14時~。入場料は2,000円(1ドリンク込み)。

  • はてなブックマークに追加