食べる 暮らす・働く

加古川で「スイーツマップ」 近場のスイーツ巡り楽しんで

担当の高田由香さんがマップをPR

担当の高田由香さんがマップをPR

  •  

 加古川商工会議所(加古川市加古川町、TEL 079-424-3355)が6月、初の取り組みとして市内のスイーツ店64店舗を紹介するマップ「加古川スイーツMAP・2018 Kakogawa Sweets」を作成、発行した。

B2サイズのマップを指差す高田さん

 マップ全体はB2(728ミリ×515ミリ)サイズで作成。スイーツ巡りができるよう、折りたたむことでコンパクトなB6(182×128)サイズとなる。同企画を担当する高田由香さんは「女性用のかばんに収納でき、できるだけかわいいデザインにしたいと思った」とこだわりを話す。

[広告]

 同企画について「加古川市内にはスイーツ店が多いと感じていたが、市内のどこにどんな店があるのか、あまり知られていない。地元の人に『近場においしいスイーツがある』と楽しんでもらえるよう、紹介しようと思った」と高田さんはきっかけを話す。

 「兵庫県内で、全国展開する有名洋菓子店が数多くあるエリアとして知られる阪神間は、スイーツ激戦区といわれるが、加古川は人口の割にスイーツ店が多い傾向にある」と同会議所の外山さんは話す。総務省統計局「平成28年経済センサス 活動調査」に基づき、加古川市の事業所数を調べたところ、「菓子・パン小売業」の事業所数は78件。阪神間(尼崎市115件、西宮市135件)と比較して少ないものの、「人口10万人あたりの『菓子・パン小売業』事業所数」では加古川市29.501件、阪神間(尼崎25.519件、西宮市27.658件)と、人口あたりの事業所数では若干多い数値となる。

 「本企画を機に、お店同士の交流やイベントなど、スイーツで広がるようなきっかけになれば」と高田さん。「休日のお出掛けには、ぜひマップを持参してお店を巡ってほしい」と呼び掛ける。

 マップは、加古川商工会議所、参加店舗、加古川市役所、市内の各公民館、加古川観光協会、JR加古川駅構内の「まち案内所」などで無料配布。同会議所のホームページでも閲覧、印刷可能。