3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

加古川中央市民病院にうどんと丼の店

社長の村上さん

社長の村上さん

  • 61

  •  

 加古川中央市民病院敷地内に、うどんと丼の店「円座 加古川店」(加古川市加古川町、TEL 079-490-4300)がオープンして1カ月がたった。

店内の様子

 店舗面積は約20坪。席数は、テーブル席12席、カウンター席8席の計20席。神戸、三宮、尼崎を中心にテナント賃貸・飲食業を展開する「メイマネジメント」(西宮市)が「讃岐めん うどんや」「円座 垂水店」に次ぐ3店舗目として1月11日に出店した。

[広告]

 社長の村上雅彦さんは「考案した約30種類の中からお客さまが注文しやすいメニューと値段の設定を心掛けた」と話す。

 「店名は後輩が経営していた飲食店の名前が由来。『円座』は人が集まってお酒を飲んでいるイメージ。後輩の店がまさにそんな感じだったが、店を畳むことになったため店名を引き継いだ」とも。

 メニューは、「すじうどん」(690円)、「油かすうどん」(690円)など。「すじうどんは牛肉の選択をはじめ試行を重ねた結果、おいしく仕上がった」と自信を見せる。ほかにも地元産の米と卵を使ったという「お重」、ミニうどんとのセットメニューもそろえる。「お重は大小2種類の器を用意した。お客さまのお好みで選んでもらえれば」と村上さん。

 「オープン以来、毎日が楽しく充実している。場所柄、多くお客さまから『近くに飲食店がなかったから助かる』『元気がもらえた』と言ってもらえ、明日も頑張ろうと思う。うどんを食べて元気になってもらえたらうれしい」と笑顔を見せる。

 営業時間は11時~16時。土曜・日曜・祝日定休。

Stay at Home