買う 暮らす・働く

加古川でファミリー向けイベント「ふぁみフェス」 「防災おかしポシェット作り」など

参加を呼び掛けるNPOメンバーたち

参加を呼び掛けるNPOメンバーたち

  • 0

  •  

 加古川のショッピングセンター「ニッケパークタウン」(加古川市加古川町)で1月29日、ファミリー向けイベント「ふぁみフェスinKakogawa2017」が開催される。主催はNPO「ママの働き方応援隊加古川校」(加古川市加古川町)。

イベントをPRする子どもら

 「パパもママもコドモもみんながHAPPY!」をテーマに、12の体験ブースと、7組が出演するステージイベントを用意する同イベント。

[広告]

 同NPOの北原真紀さんは「ニッケパークタウンでイベントをしたいと以前から考えていた。『子育て応援ショッピングセンター』をコンセプトにリニューアルしたことで、今回の企画とマッチして実現できた。当イベントが、家族の会話を広げたり絆を深めたりするきっかけになれば」と話す。

 ステージでは、親子で参加する「ファッションショー」、赤ちゃんと母親が参加する「ベビーダンス」、地元アーティストによる同イベントのテーマソング披露などを予定する。

 体験ブースでは、アクセサリーやフェルト作品などの小物作りワークショップコーナーのほか、子どもが備蓄お菓子作りを体験する「防災おかしポシェット」、現役助産師が妊娠の不安や授乳の悩みなどを聞く「助産師相談」ブースなどを用意する。

 北原さんは「核家族化で、誰にも悩みを話せずもんもんと悩んでいる人も多いと思う。イベントを通じて『母親でも何かを諦めなくてもいいんだよ』ということを伝えたい。当NPOの活動を知ってもらうきっかけにもなれば」と話す。

 開催時間は10~16時。入場無料(各ワークショップは要別途参加費)。

Stay at Home