見る・遊ぶ

加古川スケートボード協会がイベント 熱気球搭乗やスケボー体験、飲食ブースも

イベントをPRする加古川スケートボード協会代表理事の樋口典宏さん

イベントをPRする加古川スケートボード協会代表理事の樋口典宏さん

  • 38

  •  

 加古川スケートボード協会が5月22日・23日、加古川河川敷で熱気球搭乗体験やスケートボード体験、地元飲食店のグルメが味わえるイベントを開催する。

イベント会場の加古川河川敷

 2020年9月に設立した同協会。加古川市内にスケートボード施設「スケートパーク」を作ろうと署名活動やスクールなどを開催している。同イベントは、今年3月に行われた加古川市の「協働のまちづくり推進事業」の「加古川河川敷を活(い)かしたにぎわいづくり」モデル事業としてプレゼンテーションし採択された。

[広告]

 イベント当日は、5分ほど熱気球に搭乗できる体験や、特設のスケートパークを設置。スケートボードはレンタル可能で、初心者でも楽しめるよう同協会スタッフがフォローする。グルメブースには同市内の飲食店「block(ブロック)」や「079BUILD」、ベトナム料理店などが出店する予定。

 同協会の樋口さんは「イベントを機にスケートボードを身近に感じてもらいたい。オリンピックの正式種目にも選ばれ、親子でも楽しめるスポーツ。遊びにきてほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は7時~17時(23日は16時まで)。熱気球搭乗体験料金は、大人(16歳以上)=2,000円、子ども=1,000円(以上、当日支払い)。定員は各日250人。要事前申し込み(5月8日必着)。往復はがきとチラシQRコードで受け付ける。荒天中止。

 ※上記イベントは新型コロナウイルス対策により延期となりました。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース