3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 暮らす・働く 学ぶ・知る

加古川で「衣料回収プロジェクト 5万着のHELP」 衣料提供呼び掛け

地元ケーブルテレビ局でPRする実行委員会のメンバー

地元ケーブルテレビ局でPRする実行委員会のメンバー

  • 0

  •  

 加古川の商業施設「ニッケパークタウン」(加古川市加古川町寺家町)で6月11日と12日の2日間、「衣料回収プロジェクト 5万着のHELP」が行われる。

イベントのポスター

 同イベントは不要になった服を回収し世界で急増する難民へ届けるというもの。現在「1000万着のHELP」プロジェクトを行うファーストリテイリングが手掛けるユニクロと、地元団体「まちこん加古川」、商業施設「ニッケパークタウン」が「5万着のHELP@加古川 実行委員会」を結成し、開催が決定した。

[広告]

 回収する衣料は、洗濯したものであれば同社が展開するユニクロ・ジーユー以外のブランドなども対象。帽子、ベルトなどの小物や下着、制服、体操着などは対象外。

 衣料は、ユニクロで仕分けされ、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)を通じて世界各地の難民キャンプへ届けられる。

 同委員会虫島靖さんは「一人一人の小さな行動が大きな社会貢献につながる。ぜひ1枚からでも不要になった服があれば持ってきてほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は各日とも11時~17時。

Stay at Home