食べる

加古川の老舗和菓子店が冬季限定「鹿児のもちショコラ」 クリスマスのギフトに

「鹿児のもちショコラ」と「サンタどら焼き」詰め合わせをPRする宮田さん夫妻

「鹿児のもちショコラ」と「サンタどら焼き」詰め合わせをPRする宮田さん夫妻

  • 67

  •  

 加古川の和菓子老舗「春光堂」(加古川市加古川町、TEL 079-423-1123)が11月17日から、冬季限定商品「鹿児のもちショコラ」を販売している。

季節限定商品「鹿児のもちショコラ」

 同商品は、100年近く販売している国産もち米、砂糖、水あめなどを練り上げた求肥(ぎゅうひ)の和菓子「鹿児のもち」に、ドミニカ産のカカオマスを使ったチョコレートを練り込んでいる。濃厚なチョコレートの風味とドミニカ産カカオマスの香りが楽しめる。

[広告]

 店主の・4代目・宮田顕祐さんは「『鹿児のもち』は冠婚葬祭にしか利用がない。季節感を出したかったのでこれからのクリスマス、バレンタインの時期に向け、若い人をターゲットに開発した」と話す。「毎年、年末年始に帰省する手土産での利用が多いが、クリスマスでもたくさんの方に利用してもらえたらうれしい。サンタの焼き印をしているいちごみるく餡(あん)の「サンタどら焼き」も用意しているので、チョコとイチゴという定番の組み合わせでクリスマスのギフトにしてもらえたら」と話す。

 価格は「鹿児のもちショコラ」5個入りで486円。「鹿児のもちショコラ」10個入りと、「サンタどら焼き」5個入りの詰め合わせ、1,933円。

 商品は本店(同市加古川町)、東加古川店(同市平岡町、木曜定休)で販売する。