3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

加古川で「トントン!ジャンボ紙相撲大会」 「でかさにびっくりしてほしい」

「トントン相撲!ジャンボ紙相撲大会実行委員会」の竹内茂雄さん

「トントン相撲!ジャンボ紙相撲大会実行委員会」の竹内茂雄さん

  • 137

  •  

 イベント「トントン!ジャンボ紙相撲 ニッケパークタウン場所」が1月12日、加古川の商業施設「ニッケパークタウン」(加古川市加古川町)で開催される。主催は「トントン!ジャンボ紙相撲大会実行委員会」(TEL 079-420-2528)。12月12日まで参加チームを募集している。

会場となるニッケパークタウン

 イベント当日は同大会に出場する力士を製作するワークショップを開催。各チームが協力し話し合いながら180センチの巨大なダンボール製の力士にペイントし、四股名(しこな)をつける。大会では各チームが制作した力士がトーナメント方式で戦う。

[広告]

 同実行委員会の竹内茂雄さんは「ワークショップの中で、いかに自分のチームの力士を倒さずに相手チームの力士を倒すか、作戦を考えながら製作してもらえたら」と笑顔を見せる。

 「今年は『春巡業大相撲加古川場所』の開催や、地元小学生の女子児童が『わんぱく相撲女子全国大会』で優勝したこともあり、相撲で盛り上がる地元で何かイベントを開催できないかと思った」と竹内さん。「巨大な紙相撲なら面白いし、子どもたちが気軽に参加できるのではと思い企画した」とも。

 竹内さんは「大相撲初場所の初日と同じ日に合わせたイベント。子どもたちに180センチのダンボール力士の大きさと面白さにびっくりしてもらいたい。ぜひ参加してほしい」と参加を呼び掛ける。

 現在、参加チームを募集中。定員8チーム。3人~5人で1チームとし、対象者は男女問わず小学生までなら誰でも参加可能。小学3年生以下は大人と一緒に参加できる。開催時間はワークショップ13時~14時、ジャンボ紙相撲大会14時~16時。参加費無料。申し込み締め切り12月12日(必着)。

Stay at Home