見る・遊ぶ 学ぶ・知る

商店街「加古川ベルデモール」がラジオCM募集 生放送で起用へ

募集を呼び掛ける高谷保範さん

募集を呼び掛ける高谷保範さん

  •  

 加古川駅南の商店街「ベルデモール」(加古川市加古川町)は「ベルデモールラジオCMアワード2019」と称し、2月28日までラジオCMを募集している。主催はベルデモール加古川。

2019年春からラジオCMが流れるベルデモール商店街

 同商店街はJR加古川駅南から国道2号線に伸び、「加古川の顔」として市民に親しまれている。全面に石畳が敷かれ、ケヤキやハナミズキ、ヤエザクラなどの並木が続く。昨年10月末より東播磨のコミュニティーFM「BAN-BANラジオ」が同商店街に設置されているスピーカーから定刻に流れるようになった。「ラジオを通して同商店街のラジオCMが流れることで、いろいろな人にもっと同商店街に関心を持ってもらい、同商店街をPRできたらと思い、ラジオCMの募集企画を考えた」と加古川駅前商店街振興組合の高谷保範さんは話す。

[広告]

 2部門を募集し、「CMストーリー部門」では、20秒に収まるドラマや物語、ナレーションなどのシナリオの文言に「加古川駅前、ベルデモール加古川」を必ず入れる。「CMソング部門」では20秒に収まるメロディを募集する。楽器の種類は問わない。各5万円を採用賞金とする。ラジオCMは4月より「BAN-BANラジオ」で生放送中の昼の番組で放送予定。

 高谷さんは「老若男女問わず、同商店街の塾に通う学生や買い物で利用される主婦、昔から加古川に住んでいる方から、最近加古川に引っ越してきたけどユニークなCMを作ってみたい方まで、ラジオCM20秒で同商店街の魅力を表現していただき、どしどし応募していただきたい」と笑顔で話す。

 加古川駅前通商店街振興組合の貴伝名(きでな)裕之さんは「加古川の地元愛あふれる人や学生など、いろいろな人に応募してもらえたらうれしい」と話す。「テンポが良く、耳に残り、親しみやすく思わず誰もが口ずさみたくなるような作品の応募があるとうれしい。CMが同商店街に流れることで元気な加古川の街のイメージにつながっていけたら」と応募を呼び掛ける。

 2月28日必着。応募方法はBAN-BANラジオホームページで公開。