3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く 学ぶ・知る

加古川の高御位神宮で春季大祭 山伏による「柴燈護摩供」も

昨年の春季大祭の様子

昨年の春季大祭の様子

  • 0

  •  

 加古川の「熊野修験道本庁『高御位(たかみくら)』神宮」(加古川市志方町成井)で5月15日、恒例の「春季大祭」が行われる。

昨年の様子

 午前中に本殿で神社式典を行い、午後から山伏姿の行者(ぎょうじゃ)たちが「柴燈護摩供(さいとうごまく)」を行う同祭。毎年50人ほどの参拝者が訪れるという。

[広告]

 柴燈護摩は、生木などを積み上げて火をたき、土地の供養や参拝者の願いを祈願するもの。当日は、参拝者が見守る中、2時間にわたり行う。

 同神社職員の西嶋盛彦さんは「神事はこれまではあまり公表してこなかったが、今回はこれまでの参拝者にも案内を送った。ぜひいろいろな方に来てもらいたい」と来場を呼び掛ける。

 神事にあたり、酒、餅、野菜などを地元産の物でそろえたという。西嶋さんは「地元の物を使うことでつながりを大事にしていきたい。これからはより地域に根差した場所していきたい」と話す。

 高御位山は昨年末、インターネットサイト「全国観るなび」が選定した「初日の出ランキング」で1位に選ばれ、地元民にも人気が高い場所として知られる。「この機会に足を運んでみてほしい」と西嶋さん。

 開催時間は10時30分~15時。

Stay at Home