食べる

加古川に「ごはん屋 稲穂」 3姉妹でこだわり食材のメニュー売りに

店長お薦め「稲穂ランチ」

店長お薦め「稲穂ランチ」

  •  
  •  

 飲食店「ごはん屋 稲穂」(加古川市尾上町)が11月29日、加古川にオープンした。店舗面積は約18坪。席数はテーブル10席、カウンター6席の計16席を用意する。

店内の様子

 店長の森下弘子さんは「飲食店勤務の経験を生かし、由紀子さんと優子さんの妹2人を巻き込み3姉妹で頑張っている。稲穂は実ると穂先が垂れることから自分たちも謙虚な姿勢で向き合い、皆さんに来てもらえるように、おいしいと食べてもらえるようにと願いを込めた」と話す。

[広告]

 兵庫県産米「ひのひかり」をはじめ、国産和牛、卵を地元の農家や養鶏場から取り寄せるという地産地消にこだわる同店。それらの食材を使った同店名物の「牛すじ丼」(800円)をはじめ、「卵かけごはん定食」(500円)、「日替わりランチ」(800円)がお薦め、と自信を覗かせる。

 中でも一押しは1日限定10食の「稲穂ランチ」(1,200円)。メインのおかずは肉か魚のいずれかを選べ、刺し身も付き、デザートも付いたボリュームあるメニューながら、女性からの注文が多いという。

 森下さんは「こだわり食材を使ったお料理を用意してお待ちしている。ママ友同士でのランチ会など多人数での予約も承る。ぜひ一度ご賞味ください」と笑顔で来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~16時30分。日曜・水曜定休。