天気予報

33

24

みん経トピックス

加古川に居酒屋新店加古川で演劇教室開校

加古川で俳優・北原雅樹さん主宰「即劇遊団あドり部」がアドリブ劇

加古川で俳優・北原雅樹さん主宰「即劇遊団あドり部」がアドリブ劇

「即劇遊団あドり部」のメンバー

写真を拡大 地図を拡大

 加古川のぎゃらりー&サロン「日本堂」(加古川市加古川町篠原町)で3月12日から2日間、俳優・北原雅樹さん主宰の「即劇遊団あドり部」によるアドリブ劇「アドベンチャーを生きよう!」が上演される。

「即劇遊団あドり部」の練習風景

 同公演は、台本・衣装・配役など一切決めず、全編即興で劇を繰り広げる。

 「即劇遊団あドり部」を主宰する「きたさん」こと北原さんは加古川のBAN-BANラジオやテレビに出演中。NHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」や「あさが来た」などにも出演している。

 北原さんはアドリブ劇の魅力について「普通の演劇とは違い、台本配役などがないことを生かして無限大のストーリー展開の可能性が開ける」と話す。「失敗もあるが、奇跡の名場面が生まれることもある。その雰囲気は、映像では絶対に味わえない」とアドリブ劇の魅力を語る。

 練習は、役者からの突然の配役や振りに対し、いかに自分が受け入れてストーリーを作り出せるかを考え、表現していくという。「相手の突然の提案を受けいけることができるかどうかという点については、日常の出来事に『YES』と肯定する力をつけていくことにもなる」と北原さんは話す。

 同公演に対して、「私たち劇団は、間違いなく面白いという思いを持っている。目の前で繰り広げられるストーリーに共感して楽しむことができるかどうか、ぜひ、お試しあれ」と笑顔を見せる。

 上演時間は、12日=18時30分~、13日=13時30分~と17時~。問い合わせは「即劇遊団あドり部」(TEL 070-6928-0481)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング