3密を避けて新しい生活様式へ!

フォトフラッシュ

認知症の早期発見のきっかけに 加古川市が「見守り端末」使い実証実験開始

 加古川市は「認知症」の早期発見、健康寿命の延伸につながるサービスの実現に向け、今年7月に実証実験を開始し、現在モニターを募集している。対象は市内に住む65歳以上の人。写真=実証実験モニター募集のチラシ

  • 0

  •  

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home