暮らす・働く 学ぶ・知る

加古川のサバイバルゲームフィールドが5周年イベント 景品も

複雑に入り組んだフィールド

複雑に入り組んだフィールド

  •  
  •  

 加古川CQBサバゲフィールド(加古川市志方町)で6月1日~3日、5周年イベントが行われる。

代表の幸長正理さん

 加古川CQBサバゲフィールドは、800坪という広大な敷地に、複雑に入り込んだフィールドが特徴。強力なポジションがないように設計されており、どんな戦い方でもバランスよくゲームを楽しむことができる。

[広告]

 5周年イベントでは1日20ゲーム以上のサバイバルゲームが行われる。味方に助けてもらうと復活できるメディック(衛生兵)戦、拠点を攻撃・防衛するフラッグ戦や、味方にスパイが紛れ込んでいるスパイ戦など心理戦を楽しむものもある。

 目玉は大統領戦。リーダーが撃たれたら終わりというシチュエーションで、より強い一体感が参加者に求められる。新品のドットサイト(照準器)など景品も用意する。

 代表の幸長正理さんは「サバイバルゲームを純粋に楽しんでほしい」と話す。

 雨天決行。予約や問い合わせはホームページまで。

  • はてなブックマークに追加