見る・遊ぶ 学ぶ・知る

加古川の公民館でクリスマスイルミ 手作りオーナメント飾り付け、開館10周年で

イベントをPRする中島時夫さん

イベントをPRする中島時夫さん

  •  
  •  

 加古川市立尾上公民館(加古川市尾上町、TEL 079-423-2900)で12月22日、「X’masイルミネーションフェスティバル」が開催される。

試作段階の昨年のイルミネーション

 同公民館は1971(昭和46)年に浜の宮公民館として開館。イルミネーションは、浜の宮から尾上へ移築10周年記念企画。屋外に手作りオーナメントを飾り付けけるほか、うどん・焼きそば・フランクフルト・ぜんざいなどの夜店が出店。キッズダンスも披露する。屋内では加古川南高校、浜の宮中学校吹奏楽部や音楽療法士研究会による演奏、地域団体による阿波踊りやミニ落語などを予定する。的あてやあめ玉つかみ、積み木遊び、ゆるキャラ企画など小さい子どもも楽しめる催し。

[広告]

 参加者が会場で手作りする「星型LEDライト付きのオーナメント」は、会場の壁面に飾り付けした後、持ち帰ることができる。イルミネーションは中と外で総延長5キロメートル、総球数5万球を用意するという。同公民館の中島時夫さんは「昨年試してみたところ、壁面、立体が難しく大変だった。今年はボランティアの方にも手伝ってもらって準備するので楽しみにしてください」と笑顔で話す。

 館長の籠谷好一さんは「協力いただいた方々や地域の方々に感謝とお礼を込めて、楽しんでいただきたい。人と人とのつながり(絆)が強まれば」と話す。「寒い時期、温かい食べ物を食べて、光を見てほっこりしてほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は16時~19時。参加無料。先着500人に記念品を進呈する。

  • はてなブックマークに追加