食べる 見る・遊ぶ 学ぶ・知る

加古川JC、60周年で記念フェス 橋下徹さん・市長らのディスカッションも

参加を呼び掛ける木下さん(左)と柴田さん

参加を呼び掛ける木下さん(左)と柴田さん

  •  

 加古川市役所前広場と加古川市民会館大ホールで9月24日、加古川青年会議所創立60周年を記念する地域への感謝イベント「加古川JCフェスティバル」が開催される。

コミュニティFMでイベントPRする木下さんと柴田さん

 当日は、橋下徹元大阪府知事と岡田康裕加古川市長、木下武彦同会議所理事長のが「加古川の未来に必要なこと」をテーマにディスカッションする記念講演会、地元演者、歌手の鈴木亜美さん、ラッパーのSEAMOさんによるステージイベント、地元飲食店などの飲食ブースや雑貨品などを販売するブースイベント展示、多様な資格を持つ同会議所メンバーが各種相談に乗る「よろず相談所」、消防車を配置して防災を学べる防災ブースなどを繰り広げる。

[広告]

 木下理事長は「橋下さん、岡田さんは共に民間企業の勤務を経験していて行政で活躍されている。東播磨の未来に必要なことをディスカッションしたい。ステージやブースイベントを通して地域に愛着を持ってもらえるようにしたい」と意気込む。

 同会議所の柴田さんは「一般の方が来場しやすいようにステージなどの開催時間を分けて開催するので、一日を通してイベントを楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は、記念講演会=11時~12時30分、ステージイベント=12時~17時、ブースイベント展示=11時~17時。全て入場無料。記念講演会は事前の入場チケットが必要。9月12日19時~21時と同17日10時~12時に加古川商工会議所1階展示ホールで各日300枚を配布する。1人2枚まで。