天気予報

11

4

みん経トピックス

加古川で伝統和楽器の演奏会加古川のたこ焼き店2周年

加古川・神吉中学3年の寺西礼さん、柔道全国大会で3位入賞

加古川・神吉中学3年の寺西礼さん、柔道全国大会で3位入賞

神吉中学校3年生柔道部の寺西礼さん

写真を拡大 地図を拡大

 8月22日から25日に福岡県で開催された「第48回全国中学校柔道大会」で、加古川市立神吉中学校3年生の寺西礼(てらにしあや)さんが女子個人戦で3位入賞を果たした。

柔道部の練習の様子

 全国大会の女子個人戦は、47都道府県の代表選手によりトーナメント制で実施される。寺西さんは、兵庫県の女子52キロ級代表で準決勝まで勝ち進み3位入賞を果たした。

 「柔道を始めたのは4歳の頃、柔道をしていた父と兄の影響がきっかけ」と寺西さん。以来、少年団の柔道クラブと中学校の部活動で柔道を続けている。得意技は、相手を腰に乗せて股の間から足を跳ね上げる投技の「内股」で、全国大会でも「一本」を取っている。

 顧問の宮地さんは「強豪が多い東播大会から全国大会の中で実力を出せたことは、自信になり人間的にも成長できたと思う。今後も人としての成長を忘れずに、たくさんの人たちに応援してもらえるような選手になってほしい」とエールを送る。

 寺西さんは「柔道は相手を投げた時の気持ち良さと、練習の努力を試合で発揮できたときが楽しい。高校に進学しても柔道でインターハイを目指して頑張りたい」と笑顔を見せる。

グローバルフォトニュース