暮らす・働く

加古川の企業が自動販売機で新型コロナウイルス抗原検査キット販売

新型コロナウイルス抗原検査キットを販売する自動販売機とアサヒ物産の難波さん

新型コロナウイルス抗原検査キットを販売する自動販売機とアサヒ物産の難波さん

  • 35

  •  

 「アサヒ物産」(加古川市西神吉町、TEL 079-431-9669)が10月5日、東播地域の自動販売機で新型コロナウイルスの抗原検査キット「研究用」の販売を始めた。

自動販売機に並ぶ、新型コロナウイルス抗原検査キット「研究用」

[広告]

 設置場所は、JR宝殿駅の北側ロータリー付近(高砂市神爪)、宝殿駅南の住宅街(高砂市米田町)、JR東加古川駅の南側パーキング付近(加古川市平岡町)の3カ所。同社スタッフの塩本裕司さんは「自動販売機のラッピングは自社製作。デザインにこだわっており、清潔感でクリーンなイメージにしようと水色をベースにした」と話す。

 新型コロナウイルス抗原検査キット「研究用」は、小林薬品(大阪市中央区)が開発した製品「COVID-19 AG」。唾液によるセルフ検査で、数分で判定できるのが特長。価格は1,800円。

 同社スタッフの難波亮さんは「自動販売機なので24時間気軽に買えるのが特徴。不安の払拭(ふっしょく)につながれば」と話す。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース