見る・遊ぶ 学ぶ・知る

加古川の現代アートギャラリーが情報誌を創刊

創刊号をアピールする代表の山本さん

創刊号をアピールする代表の山本さん

  •  
  •  

 加古川の現代アートギャラリー「Galeria Punto」(加古川市加古川町、TEL 079-424-7766)が情報誌「Punto press」を創刊した。

ギャラリー内の様子

 2015(平成27)年11月、同市内から移転オープンし、主に現代アート作家の企画展を開催している同ギャラリー。元々は約25年前にキュレーター(企画)の藪さんが岡山に現代アートの個展ギャラリーとして開設したことが始まり。

[広告]

 同ギャラリー代表の山本暁子さんは「かつて違う名前で情報誌を発行していたこともあるが主な内容が作家の展覧会の告知だったため、内容だけではなくもう少し違ったものを出したいと思っていた。この度新たに代表となったことを機に個人目線を貫くことで何か届くものはないか、と思ったことが創刊のきっかけ」と話す。

 「『punt』目線で良いと思った作家を取り上げ、彼らが身近な日常としてどんなことを考えているのかを知ってもらいたかった。普段美術に携わっていない方にも自分の知らない世界を受け入れるきっかけになってもらえたら」とも。

 山本さんは「情報誌とうたってはいるが実際には個人的日記みたいなところもある。そういう部分を面白がってもらえたり、心に触れる方が居たりするとうれしい。そんな方々とここで出会えたらいいなと思う」と笑顔を見せる。

 オンラインショップで定期購読の申し込みを受け付ける。一部300円。営業時間は11時~19時30分。月曜・火曜・水曜定休。

SmartNews Awards 2019