天気予報

17

7

みん経トピックス

キハ2号守るシンポジウム加古川で東北手作り雑貨

加古川に居酒屋「dining39 saku」 店主が20年来の夢かなえる

加古川に居酒屋「dining39 saku」 店主が20年来の夢かなえる

店主の乾サクラさん

写真を拡大 地図を拡大

 東加古川に1月21日、居酒屋「dining39 saku」(加古川市平岡町新在家、TEL 079-456-2929)がオープンした。

店内の様子

 店舗面積は約12坪。席数は、カウンター8席、テーブル12席の計20席。黒とベージュを基調にした店内は、手書きの黒板にメニューを掲示し、モダンで落ち着いた空間を演出する。

 店主の乾サクラさんは「20年間飲食業界で働き、いつか自分の店を持ちたいと考えていた。昨年まで勤めていた飲食店の閉店を機に、店舗を改装し自分の店を持つという夢をかなえることができた」と話す。

 店名は乾さんの名前「サクラ」と客への感謝の気持ちの「サンキュー」の意味を込めて名付けたという。

 定番メニューは55種類。「食べてもらいたいメニューを多く用意した」と乾さん。そのほか、黒板書きのメニューは約20種類、週末限定メニューも用意する。「お薦めメニューはSNSで配信しているのでチェックしてほしい」と乾さん。

 メニューラインアップは、「ハラミ串」(2本=500円)、「お造りおまかせ3種盛り」(900円)、「カニ味噌の甲羅焼き」(500円)、「唐揚げ」(600円)、「ポテトサラダ」(400円)など。ドリンクメニューは「生ビール」(450円)、ハイボール(400円~)、ソフトドリンク(200円)など。

 乾さんは「お客さまとのコミュニケーションを大切にしているため、メニューにない料理などのリクエストにも出来る限り応える。自宅に帰ってくるような感覚で居心地のいい店づくりを心掛けていきたい」と意気込む。

 営業時間は18時~翌3時(日曜のみ17時~23時)。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング